2017年 02月 26日

requiem

サンの葬儀の日
家を出発してお寺に向かう車中、
家族だけで過ごす最後の時間に
この曲を繰り返し聴きました。

近藤研二さんのギターで「requiem」

近藤さん自身が
亡くした愛猫のために書いた曲です。
サンを送り出すときはこの曲で、と決めていました。

亡くなる数日前から聴かせていました。
サンは静かに耳を傾けていました。

優しい調べに乗って
サンは穏やかに天に昇っていけたと信じています。
[PR]

by I-Love-Plants | 2017-02-26 23:59 | Comments(0)


<< 済ハンコ      やっと抱きしめられました >>