雨ニモマケズ

loveplants.exblog.jp
ブログトップ

2017年 02月 26日 ( 3 )


2017年 02月 26日

長い1日

葬儀の日の記事です。

↓ サンの亡骸の写真があります。

見ても大丈夫、という方だけ
お読みください。

****

葬儀をお願いした
長福寺(ペット霊園ソウルメイト)さんは
栃尾の街中から少し山に入った場所にありました。
b0170329_11253034.jpg
以前こちらを利用した知人から
良い供養ができたと聞いていました。

本来人間の供養をする
本堂で供養していただけるなんて‥。
b0170329_11312226.jpg

読経の間住職さんが身につけていた数珠を
サンの手にはめてくださいました。

b0170329_11332495.jpg
サンよかったね、これで安心だね。

昨夜、死にゆく苦しみの中にいる
サンを見ていたら
ふと、今サンは
あの世に生まれていく苦しみの中に
いるのだと思いました。

息が弾み苦しそうにしていたサンの表情は
心臓が鼓動を止めるやいなや
みるみるうちに穏やかになっていきました。

サンはもう痛みや
苦しみのない世界にいったのだと
思うことができました。

乱れた被毛に
丁寧に櫛を入れてやったら
ノルウェージャンらしくふんわりとして
まるで若い猫に戻ったようにさえ見えました。

この穏やかな最期の姿に
どれだけ私たち夫婦が救われたことか。
本当に最後まで親孝行な娘でした。

****

火葬炉へ運ぶ台の上には
私の手で抱き上げて寝かせました。

持たせたいものを
前足の間に挟んでやってください、と
住職さんに促されて
私たち夫婦とサンで撮った家族写真と
サンの親猫の写真、
好物の餌を持たせました。

写真の裏には住所と名前
天国での待ち合わせの場所を書きました。

夫はこの子が困っていたら手を貸してやってほしい、
何かあったら連絡をください、と
名刺の裏に
誰に宛てるでもない手紙を書いて持たせていました。
b0170329_1159774.jpg
かわいい かわいい 私のサン。
その姿も、これが見納めです。

住職さんの手で火葬炉に運ばれ
b0170329_121528.jpg
サンはもう二度と
手の届かないところへ行ってしまいました。
[PR]

by I-Love-Plants | 2017-02-26 23:59 | Comments(0)
2017年 02月 26日

requiem

サンの葬儀の日
家を出発してお寺に向かう車中、
家族だけで過ごす最後の時間に
この曲を繰り返し聴きました。

近藤研二さんのギターで「requiem」

近藤さん自身が
亡くした愛猫のために書いた曲です。
サンを送り出すときはこの曲で、と決めていました。

亡くなる数日前から聴かせていました。
サンは静かに耳を傾けていました。

優しい調べに乗って
サンは穏やかに天に昇っていけたと信じています。
[PR]

by I-Love-Plants | 2017-02-26 23:59 | Comments(0)
2017年 02月 26日

痛み

↓ サンの遺骨の写真があります。

見ても大丈夫、という方だけ
お読みください。

****

昨日の昼すぎ
サンは体調が落ち着いていたので
まさかその日に亡くなるとは思わず
夫と2人で体操教室に出かけました。

その帰り道、爽やかな青空が広がっていて
b0170329_11132032.jpg
これから始まるサンの介護生活を頑張ろうと
気持ちを新たにしていました。

ところが家のすぐ近くまで戻ってくると
陽は射しているのになんだか薄暗くて
b0170329_111617.jpg
お迎えが来るというのは
こんな感じなのだろうか?と
ふと嫌な予感がしたのでした。

*****

頭痛持ちでないのに
サンが亡くなる1週間ほど前から
私は頭がひどく痛んでいました。

頭、首筋、目の痛みに加え
歯茎も腫れあがり
歯はズキズキ
頭はガンガンでした。

痛み止めを飲んでも
ほとんど効きませんでした。

ここしばらく
夜も昼もサンに付き添っていましたから
疲れが溜まって
血管がプツンと切れてしまうのではないかと
夫は心配していました。

サンが亡くなった後
花を買いに行ったり、お寺に連絡を入れたり
バタバタしている途中で
私を悩ませていた痛みも腫れも
綺麗さっぱり無くなっていることに気づきました。

サンが痛みを持っていってくれた‥
そう思いました。

****

サンを火葬炉に入れ
お骨になって戻ってくるのを待つ1時間。
住職さんが私たちの話に
耳を傾けてくださいました。

その中で痛みが消えた話をしたら

「心が通じ合っている者どうし
痛みを分け合うことがあるのですよ」

という言葉をいただき
ハッとしました。

そうか‥
あの痛みは私の痛みではなかったのだ。

サンが苦しみから解き放たれたから
私の痛みも消滅したに違いない、

私が肩代わりすることで
サンの痛みが少しでも減っていたのなら
なんて嬉しいことだったのだろう
そう思いました。

****

住職さんの手で
生きている姿の状態に
それこそ尻尾の先の小さな骨まで
綺麗に並べられた遺骨を
夫と2人、ひとつひとつ愛おしく手に取り
小さな骨壷に収めました。

心温まる供養をしていただき
不思議と
遺骨を見ても悲しみはありませんでした。

サンの喉仏。
b0170329_1233436.jpg
袈裟をまとった仏さまが
手を合わせている姿に似ているから
喉仏というのだそうです。

この喉仏で
いつもグルグルのどを鳴らしてくれていたのね。
サンちゃん、ありがとう。
[PR]

by I-Love-Plants | 2017-02-26 23:59 | Comments(0)